地熱観光ラボ縁間

鉄輪温泉より悠々と湧き上がる「温泉熱」を最大限に利用していることが特徴です。
湧き出るおんせん熱エネルギーを余すことなく活用し、施設運営をしています

〒874-0044

大分県別府市鉄輪字風呂本228-1

TEL:0977-75-9592

FAX : 0977-75-8973

OPEN:10:00~22:00

別府市鉄輪で栽培される「桃薫」とは

日本屈指の温泉郷「別府温泉」。この温泉熱を利用し、栽培されるブランドいちご「桃薫」。高級フルーツ店「千疋屋」や日本を代表するデパート「高島屋」で、「軽井沢貴婦人」というブランド名で12個~20個入りで12,000円で販売されている高級ブランドいちごです。

日本全国でも栽培地も少なく、ほとんど市場に出回ることがない希少な品種である「桃薫」の栽培において、縁間では「軽井沢貴婦人」を生んだ施設より直接の指導を受けています。

 地熱観光ラボ縁間では温泉熱を利用し、通年収穫と高収穫を目指し、日々研鑽を積んでいます。

桃薫用ビニールハウス
ハウス内と実際の桃薫

世界初の栽培システム

当施設のハウスの最大の特徴は、高さ6.5mでイチゴ栽培では世界初の回転式栽培を行っており、その周りにはヒートパイプに温泉の熱を吸収式冷温水器で発生させ冷水(6℃前後)を温度センサーが感知して上水道と合わせる事でハウスに必要な15℃を作りだしております(アヴェニール農法)。

冬場は吸収式冷温水器で25℃~30℃のお湯が循環する様に吸収式冷温水器の切り替えを行う様になっております。

当施設では、空調は残念ながら九電から電気を買い受けておりますが、それというのも裏に見える黄色い煙突が二つあるものが吸収式冷温水器と言いますが気化熱を利用して冷風を送り出す装置です。

温泉熱を冷暖房に使えるこのシステムを採用しておりますが、イチゴのハウスについては5℃~25℃という温度帯の為、観光施設やハウス横の選果施設とは温度帯も異なる為に一番冷暖房を必要とする建物側を優先させている為にこのハウスの冷暖房では使われておりません。

ハウス内と実際の桃薫

「桃薫」の特徴

高級ブランドいちご「桃薫」は、その名の通り、フルーティな桃に似た香りが特徴です。甘さはさっぱりとして淡く、やわらかい酸味が癖になる美味しさです。  果肉はしっかりとしていながら、瑞々しく、色は淡い桃色で色が薄いほど、甘く、通常のいちごの枠にとらわれない「新しいフルーツ」感覚でお楽しみいただけます。

収穫された桃薫

「桃薫」を使ったスイーツの開発

当店では観光農園で採れた積み立てのいちごを使って様々な製品を開発・研究をしています。
中でも特に力を入れているのがスイーツの開発。ケーキに限らず、ドライいちご・ジャム・いちごフレーバーティー等、日々研鑽を積んでいます。地熱観光ラボ縁間にお越しの際はぜひ、ブランドいちご「桃薫」をご賞味いただきたいと存じます。

ショコラケーキ ショートケーキ ロールケーキホワイトチョコ
しっとりとしたチョコスポンジにさわやかないちご風味のクリームをサンド。 ふんわりスポンジにいちごクリームでデコレーションしたケーキの王道。「桃薫」との相性抜群の逸品です。 ふんわりと焼いたチョコスポンジにいちご風味のクリームを巻き込んで。ココアパウダーと「桃薫」が絶妙!
桃いちごケーキ ロールケーキ ジュレ
ブランドいちご「桃薫」をふんだんに盛り込んだ、パティシエ渾身の逸品。自分へのご褒美に相応しいスイーツです。 きめが細かくふんわりとした食感の生地に上品な甘さのクリームが調和した当店人気ナンバーワンのスイーツです。 さわやかなジュレの中に、キウイ・メロングレープフルーツ・オレンジ・ぶどうなどぎゅっと詰まった、見た目にもキレイな一品。
  • ブランドいちごの物語
  • お買い物サイトオープン
  • 竹細工体験コーナー
  • ワークショップを開催されたい方
  • 施設・ワークショップ予約
  • 浴衣で来店特典

地熱観光ラボ縁間

〒874-044

大分県別府市鉄輪字風呂本228-1

TEL : 0977-75-9592 (10:00-22:00)

FAX : 0977-75-8973

(C) 2016 地熱観光ラボ縁間